読んでもらえるトップページにするには!

 

トップページが重要なわけは!

キーワード検索して、やっとのこと
あなたのホームページに辿り着いた瞬間
『✕』や『』をクリックされてしまったら
ホームページの価値はゼロですよね。

どんなホームページでも
伝えたいものがあるはずです。

関心があろうが、
関心がなかろうが
読んでみたいとさせるのが
トップページの役割なのです。

トップページは
訪問者に『読みたい』という
気にさせることに価値があります。

読ませるホームページとは何か?

それには、3つの基本要素があります。

①全体のデザインが見やすい構造
②わかりやすい見出し
③感情をゆさぶる本文

この3つを順次説明します。

①全体のデザインが見やすい構造

色がきれいだとか、
写真をたくさん使っているとか
という美的なセンスではないのです。

見やすいセンスのデザインとか構造にします。

文字を読む人の目が動いていく線(目線)
を大事にします。

これは3つあります。

□左から右への動き
□上から下への動き
□Z字の動き

「左から右への動き」は
文字は横書きなので、
当然、目は左から右に文字を追います。

次の「上から下への動き」は、
一行文字を読むと次の行は
自然と下に移ります。

3つ目の「Z字の動き」は、
流し読みの目線です。

人は一次一句きちんと読まずに
拾い読みをする傾向が多分になります。

何文字あろうと、
あっとうまに上から下へと読みます。

Z字の終わりに、
右側のウィジェットがあると

そこに目が移ります。

目線が
左右の移動や下から上への移動
が頻繁だと、読みにくい構造となります。

②わかりやすい見出し

トップページの見出しは
ホームページ全体の見出しを兼ねます。

見出しは、
タイトルとか、ヘッドラインとか
キャッチコピーとかと呼ばれているものです

これがしっかりしていないと
本文に読み進むことが少ないようです。

③感情をゆさぶる本文

タイトルを受けて
本文が頭出し、展開、終結と
行動に繋げていきます。

その基本原則の一つに
AIDA(アイダ)の法則があります。

Aは、Attentionで注意を引き、
Iは、Interestingで興味を抱かせ、
Dは、:Desireで欲求をかき立て、
Aは、Actionで行動させます。

AIDAの法則は、
お客が行動を起こさせるまで順を
4つのステップに分け
お客の感情を揺さぶり高めるのです。

初めのAは
お店に来た人に
これはいかがでしょうかと提示します。

お客が、他のものがいいと注文を付けます。
それに応じて、品物を提示します。
これが二番目のIです。

更に迷っているうちに
他の品物を見せますと
これはいいなーと思ったようです。
これが三番目のDです。

ここで、何かを見つけていますと
さっきのでいいということで
お客は買われたのです。
これが最後のAです。

それぞれのステップで店員は、
セールストークでお客に応対しています。

お客が最終ステップに行くように
セールストークを文書化したのが
コピーなのです。

お店の人は、初めてのお客の方が、
2回、3回と来ているお客に比べて
応対が難しいのです。

それは、セールストークが違うからです。

あなたのホームページを見直されたら
いかがでしょうか。

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

[contact-form-7 id=”80″ title=”メルマガ会員登録”]