なぜ今、BtoBマーケティングなのか

社会や市場は情報革命のうねりに入った

長引く低迷、技術の進化、グローバルな取引で
社会や市場を取り巻く環境が
大きく変化しています。


これまでのように、

□既存取引
□飛び込み営業

で売上を伸ばすことが
難しい時代になってきています。

それは、営業力が今の時代に
合わなくなっているからです。

営業力とは

・既存顧客のアプローチ
・新規顧客の開拓
・情報の告知

を効率的に行うことなのです。

これまで、営業は営業に任せる時代から
戦略的・組織的に取り組む
BtoBマーケティングに注目する
時代に来ているようです。

BtoBマーケティングの必要性

製造業においては、この50年の間に
売上営業利益率が8%から2~3%とに
低下しています。

儲からない企業へと変化しています。

その半面、世の中のIT技術の進展は速く、
スマホがパソコンの数をはるかに超え、
ロボットに仕事が奪われる時代に入りました。

それに伴い、取引する相手も
何らかの変化が速くなってきています。

それは

□インターネット
□既存顧客の状況や取引の変化
□取引が無くなる顧客
□新規顧客の開拓

の対応が必要となります。

それには、BtoBマーケティングに
取り組みことです。

BtoBマーケティングとは

BtoBは、発注企業と受注企業との取引なので
発注企業の窓口担当者とその意思決定者、
受注側の営業担当者とその意思決定者は
異なります。

BtoCに比べて、契約までの時間と
人の介在が多くなります。

BtoBは、受注側の企業から見ると
集客 → 教育 → 契約
という工程を必然的にとります。

集客は、既存顧客であり、
新規顧客の開拓のことです。

教育は、顧客に説明し、
理解を求めることです。

契約は、発注側、受注側が
納得し理解した内容の契約です。

最後までお読みくださり
ありがとうございます。

[contact-form-7 id=”80″ title=”メルマガ会員登録”]