アップル社の共同創業者の一人、スティーブ・ジョブス氏の「伝説の卒業式スピーチ」

 

スティーブ・ジョブス氏は、大学に乞われて、卒業式でスピーチをしました。

 

冒頭に

彼は、リード大学を6ヶ月で中退しました。

その後、18ヶ月程、学校にうろついていました。

 

 

 

 

彼の人生のスタートは!

 

彼の産みの母親は、未婚の大学生。

母親は、彼を養子に出すことにしました。

母親は、大学を卒業した人が

彼の親になることを望んでいました。

 

ある弁護士の夫婦に預ける話をしました。

彼が生まれる直前、

弁護士夫婦は女の子を希望したので

彼の養子はなくなりました

 

 

養子縁組の順番を待つことにしました。

 

 

間もなく、

別の夫婦が名乗りをあげてくれました。

 

その夫婦は、奥さんは大学中退、

夫は高校を中退。

 

母は、養子の書類のサインを拒否しました。

 

 

最終的に母は、

息子に立派に大学生にしてもらうことを

条件でサインしました。

 

これが彼の人生のスタートでした。

 

 

 

 

大学を中退!

 

17年後に、彼は無事大学生になりました。

彼は、とても学費の高い大学を選びました。

 

 

両親の給与がすべてからの授業料に消えたのです。

 

 

彼は、入学6ヵ月後に、

大学の価値を感じなくなりました。

 

 

彼は、人生の目標がありませんでした。

大学が導いてくれるとも思いません。

 

 

彼は、親が必死に稼いだお金を

垂れ流すだけだったのです。

 

 

退学することにしました。

 

それでも、大丈夫だと信じていたが、

その時は、とても怖かったのす。

 

 

今、考えて見れば、最高の選択でした。

 

 

その瞬間から、彼は必須の授業に出る

必要がなくなったのです。

 

彼が興味を引く授業に潜り込むようになりました。

 

 

素敵な話ばかりではありません。

 

彼は、住む寮が無く、友達の部屋の床で寝たのです、

 

 

空のコーラ瓶をお店に返して、5セント稼ぎ、

食事の足しにしたのです。

 

日曜日には、ヒンズー教会の夕食を食べるために

11キロも歩いた。

最高の食事だ。

 

 

 

 

中退の目的

 

中退した彼が興味を持ったものは、

後に非常に価値のあるものになりました。

 

1つの例を挙げると

当時のリード大学には、国内最高の

カリグラフィー(西洋・中東の文字装飾)の

授業がありました。

 

学内のポスターやラベルは

すべて美しい手書きの字でデザインされていた。

 

彼は中退したので、必須の授業に出る必要はない。

 

 

カリグラフィーの授業を取って、

美しい字の書き方を学ぶことにした。

 

そこで、セリフ体、サンセリフ体などの書体、

さまざまな文字の隙間の間隔など

偉大なタイポグラフィを偉大たらしめる

要素を学びました。

 

それは美しい歴史的で、

科学では捉えならない

繊細さがあった。

 

それに魅力を感じたのです。

 

そんなことは、彼の人生に役に立つとは

思ってもいませんでした。

 

 

 

 

10年後の転機

 

しかし、10年後、最初のMacintosh

(マッキントッシュ)を作る時になって、

それが蘇ったのです。

 

そのノウハウを活かし、

Macは世界で初めて美しい活字を扱える

パソコンになりました。

 

 

大学でカリグラフィーの授業に巡り会って

いなければ、Macは沢山のフォントや

美しい字間調整を搭載することはなかったでしょう。

 

 

大学を辞めなければ、

その授業にも会わなかったでしょう。

 

そして、美しい活字を搭載したパソコンも

現れなかったでしょう。

 

 

 

点の繋がり

 

もちろん、その出来事の繋がりを

予想もしていませんでした。

 

しかし、10年後に振り返ると

とても明白に見えました。

 

点と点の繋がりは予想できません。

 

 

後で振り返って、点の繋がりに気付くのです。

 

 

 

今、やっていることが、どこかに繋がると

信じてください。

 

何かを信じてください。

 

あなたの根性、運命、業、なんでも構いません。

 

 

その点がどこかで繋がると信じていれば、

他の人と違う道を歩いていても

自信をもって歩き通せるのです。

 

そのため、人生に違いをもたらします。

 

(拍手喝采)

 

 

 

[contact-form-7 id=”80″ title=”メルマガ会員登録”]