鷹の選択=教訓とは!

 

空を素早く飛ぶ鷹。
見ていると気持ちがいいですね。

人間と同じように
鷹にも鷹人生において節目があります。

その節目は鷹が40歳頃に現れます。

どのような節目かというと
・爪が弱くなり、獲物がうまく獲れない。
・くちばしも長く曲がり、胸につくようになる。

このままの状態なら死を待つより他はないのしょう。

 

鷹の寿命は70年くらいあるそうです。
何かをして、後30年を生きようとする鷹がいます。

何をするのでしょう!

鷹は生きようと自分を変える、
自分をリニューアルする選択を
決断するのです。

 

次は、どのように自分をリニューアルいくかです。

鷹は、先ず山の頂上に行き巣を作ります。

その後、鷹はとても苦しい3つのことをやり始めます。

□ くちばしを壊す
□ 爪を剥ぐ
□ 羽を抜く

どうやってするのでしょう!

くちばしを岩で叩き、壊し、なくします。
そうすると、新しいくちばしが出てくるのです。

出てきたくちばしで、爪を一つずつ剥ぎ取ります。
そして新しい爪が生えてきます。

今度は羽を一本ずつ抜きます。
こうして半年が過ぎ、新しい羽が生えてくるのです。

 

鷹は新しい姿に変わりました。
そしてまた空に高く飛び上がり、
残りの30年間を生き続けていくのです。

 

人は誰でも、過去よりも
未来に向けて成長することを願います。

でも、成長を望み、もっと新しい自分に成るためには、
心の底から「変化」を期待し行動しなければなりません。

大切な人生の生きる意味に気づき、
「喜び」であり、「幸せ」を感じるのであります。

成長する自分と向き合うためには、
鷹が見せてくれたとても苦しい「選択」を
決断することがあるでしょう。

その決断には、「勇気」が伴います。

人生の価値は、
「物質的」なもの以外にも
「精神的」な「方向性」とか「深さ」
もあることを忘れてはいけないのです。

 

あなたが心から探し求めている
「生きる意味」とは、何でしょうか?

どのような自分になるのかを求めていますか?

変わりたい自分の「心の声」を聴くのであれば、
その気持ちと素直に向かい合い、
最も大切な事を選ぶ「勇気」を忘れはいけない。

そして「成長」を求める自分を否定しない。

これが生きる意味と向き合うことを、
私たちに贈られた「鷹」からの「教訓」かもしれません。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[contact-form-7 id=”80″ title=”メルマガ会員登録”]